忍者ブログ
毎月、高槻市で素読の会を開いています。「素読とは」「素読について」「家庭での素読に仕方」など「素読」に関心をお持ちの方必見の記事も多数アップしています。
[102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [94]  [93]  [92]  [91
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 『ヒーローたちのオリンピック』というNHKの番組を見ました。第2回目で100mの金メダリストを取り上げていました。その中で、メキシコ五輪でオリンピック史上初めて10秒の壁を破ったジム・ハインズの言葉には驚かされました。「100mは長い。みんな100mはあっという間に終わると思っているかもしれないが、すべての筋肉を燃やしつくすんだ。走り終わったらくたくたになるんだ。『100mは長いんだ』」というのです。私も100mはあっという間に終わってしまう競技だと思っていた一人でした。
 同じ100mで、オリンピック史上初めて2連覇を成し遂げたカール・ルイスはソール五輪後スランプに陥りますが、その時を振り返って、「疲れたんだ。高校生の時から全力で走り続けていたんだ。逃げたくなった。」と言います。復活するのは、リロイ・バレルといいうライバルが出てきて自身の世界記録を破られてからです。「引退するか、走り続けるか。」と決断を迫られ、「走り続ける。」と決めてからだということです。ルイスは1991年の世界陸上でバレルを破り、再び世界新記録を打ち立てます。敗れたバレルはスタートダッシュが素晴らしかったのですが途中で追い抜かれます。バレルも世界新記録だったのに敗れたのです。「ここだけの話、90m走だったらよかったのにと思ったよ。」と語っていました。
 ルイスとバレルの話を聞いて改めて『100m走は長いんだ。』というハインズの言葉が、世界の頂点に立つ短距離走者達の偽らざる実感だと思いました。彼らにとっては100mはマラソンよりも長いのかも知れません。(裕)

拍手[28回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/10 http://qrant.com/iowa-ia-cheap-car-insurance/pella.html]
[02/04 asma]
[01/30 life insurance american council]
[01/29 the cheapest life insurance]
[01/29 occidental life insurance co]
最新TB
プロフィール
HN:
大阪まほろばの会
性別:
男性
自己紹介:
大阪まほろばの会は、教員や元教員と、子育て中のお父さん・お母さんが運営しています。
✉Mailはこちら
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]