忍者ブログ
毎月、高槻市で素読の会を開いています。「素読とは」「素読について」「家庭での素読に仕方」など「素読」に関心をお持ちの方必見の記事も多数アップしています。
[68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 述懐ジュッカイ    頼 山陽 ライサンヨウ
十有三春秋  逝く者は已スデに水の如し
天地始終シジュウ無く    人生生死有り
イズくんぞ古人に類して
千載センザイ青史セイシに列レッするを得ん

意味・・・十三歳となって、これまでを振りかえってみると、月日は川の流れのように過ぎ去ってもう二度と帰っては来ない。天地は永遠であり、始めも終わりも無い。しかし、人間には必ず生があり、死がある。それならば、なんとかして歴史上の偉人のように、自分も歴史の上に名を連ねたいものだ。

・・・頼山陽の数え年14歳の正月の作です。満年齢では12、3歳です。今なら中学2年生でしょうか。これほどの確たる人生観を持ち、表現できる子がいるでしょうか。しかし、幕末には橋本佐内や吉田松陰など山陽に負けないほどの天才や、維新の志士といわれる人たちが綺羅星のごとく生まれでたのです。皆、すばらしい和歌、漢詩や文章を残しています。
 明治の初めから中ごろにかけて、福沢諭吉や文部省の役人、教師たちが批判したように、『素読暗唱』が無用で時間の浪費だけのものであったなら、これほどの人材を生み出しえたでしょうか?いかに天分を持った人でも『素読暗唱』という優れた教育システムがなかったなら起こり得ないことだったと思います。それどころか、福沢諭吉の蘭学、英語の才も子供のころの『素読』によって身についた能力の応用であったと思うのです。(裕)

拍手[36回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Wow, this is in ever
Wow, this is in every respect what I needed to know.
cheapest price for abilify URL 2014/01/15(Wed)20:51:51 編集
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[02/10 http://qrant.com/iowa-ia-cheap-car-insurance/pella.html]
[02/04 asma]
[01/30 life insurance american council]
[01/29 the cheapest life insurance]
[01/29 occidental life insurance co]
最新TB
プロフィール
HN:
大阪まほろばの会
性別:
男性
自己紹介:
大阪まほろばの会は、教員や元教員と、子育て中のお父さん・お母さんが運営しています。
✉Mailはこちら
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]